松山で開催しているパーマコンプリートの模様

2013.04.17 Wednesday 16:21
0
     こんにちは!

    リスぺクツ開発の戸石です^^


    少し僕がしている講習会の事を書こうとおもいます。


    もうかれこれ6年くらい前から、美容師さん向けに全国で

    講習をさせていただいております。



    もちろん、ガチパーマ 笑


    現在は、SPA(シャンティパーマネントアカデミー)と名前を変えて

    いますが、5回コースの講習があります。


    今回、松山はパーマコンプリートとして4回コースでやらせていただい

    ているのですが、どんなことをしているのかをお話します。



    2月から月1回でスタートしたパーマコンプリート



    松山パーマコンプリート一回目の座学の模様

    一回目は座学を6時間 笑



    パーマの基礎理論を学びます。

    ケミカルという枠だけじゃなく、カウンセリングなども含めて

    総合的にサロンワークのパーマを分解し、

    ひとつひとつの意味を学び、

    それを再構築していく作業をしてもらいます。


    自分でマニュアルを組み立て、パーマデザインを構築できるように。






    14名というかなり少人数制の講習です。


    年齢もバラバラです。


    最近、女性が増えてきたことがうれしいです 笑


    男ばっかってのもなんだかむさくるしいですし 爆




    コースの講習って、

    本気でパーマうまくなりたいって人しか来ないので、

    僕もその気持ちに負けないように毎回試行錯誤して教えさせて

    いただいてます。







    二回目からは、実践編として、一回目で学んだことを具体的に

    落とし込んでいきます。


    2回目以降は毎回僕のデモンストレーションからスタート。





    パーマで重要なことを、しっかり伝えたい。



    これって、デザインはもちろんですが、


    頭でいくらこんな風に作りたいって念じても、


    念じるだけじゃそうならないんですよね。


    ただなんとなく巻く。

    なんとなく薬を選定する。

    だいたいこんな感じかなでカットする。

    かけてみて、あー違うなって思ったらアフターカットすればいい。


    かけちゃったもんはカットでなおりきらないですよね?


    プロセスの中のひとつひとつの曖昧さが、


    曖昧な仕上がりをうんでしまう。


    そして、デモを間近で見て、


    同じ薬、同じ時間、同じロッドで巻いたはずなのに、、、、


    仕上がりが同じにならないことを感じてもらう。



    ネットのやりとりだけじゃわからない、見えない部分が

    実は一番大事だったりする。







    最初は混乱する人も多い。


    習ってきた、やってきた方法があるから。。。




    まったく違う考え方とやり方で、やってもらう。


    うまくいったり、いかなかったり、


    でも、悶々とした日々があるから「変われる」って思うんです。


    月曜日は3回目だったんですが、


    一回目よりも、二回目よりも、


    質問が多くて、目が輝いてるように見えました。



    コースの意味ってここなんです。



    3回目くらいからぐっと意識が変わってくる人が多い。


    それはたぶん「出来るようになった」からだけじゃなく、

    「出来なてない」部分が明確になったからなんじゃないかって

    思うんです。







    僕もコースは一番真剣にやります。

    ほかが雑ってことじゃなく、

    受けてくれているみなさんが熱いから。


    見てやろうって人が来ない。

    真剣にうまくなりたい人だけだから、こっちもついつい熱くなっちゃうんですね。。








    2回目より、3回目って

    だんだんデモを見ている距離が近くなってくるんです 笑





    カメラ目線のファジーさん  おまけ画像 笑









    質問もたくさんになってきます。


    わからないところが「わからなかった」


    それが、


    回数を重ねるごとに、

    わからないところが「わかってきた」



    これ、かなり重要な変化ですよね。


    質問が無いんじゃなく、何がわからないかがわからない


    って方が、「ここがわからない」ってわかったわけですから。


    そうなると、後はやっていって、経験していくことで、



    つかめる一瞬が必ず来るんじゃないかなっておもいます。


    人は忘れます。


    コースは忘れさせない為にある。って僕は考えています。


    最低でも4カ月はずっと頭に「パーマ」があるわけですからね。


    これから、僕の講習をと考えている方には、

    コースがおすすめです。


    来月で、松山のコースは最終回なんですが、

    パーマが楽しくなってもらえるよう、僕も

    ない頭ひねって良いファイナルを迎えられるように

    お手伝いできればとおもっています。


    来月もよろしくおねがいします^^




    講習日程はこちら

    http://www.re-spects.co.jp/workshop/


    講習のご参加は、リスぺクツへ直接お問い合わせください^^

    FBページもぜひ「いいね」おねがいいたします。

    講習のお知らせも随時フェイスブックページでお知らせしております。






    category:実験・実践コーナー | by:しゃんてcomments(0) | - | -

    デジパーで柔らかいウェーブの作り方

    2007.03.01 Thursday 19:05
    0
      正面

      まずは仕上がりです。

      巻き髪を意識しないスタイルにしています。

      デジ=巻き髪

      はもうそろそろ卒業してもいいんじゃないでしょうか?
      もっと幅広くデザイン提案できるデジ技術を確立しようと今燃えています。


      工程はかなりシンプルです。前処理はしないし、中間もいろいろ
      つけません。

      モデルデータ) 中間のダメージレベル3 毛先は4 程度です
             (カラー3ヶ月に一度 半年前にデジパ)



      1) 前処理無しで、毛先にリボルバー1Aと秘密のオイル1:10
        のオイル系リボ油バー塗布


      2) システアミン系薬剤を中間から毛先まで塗布。


      3) テストOKで、中間水洗

      4) 中間処理はシンプルに γケラ+ヒートケラ+ペリセアで
        デジ用に作ったPPT塗布

      5) ワインディング 通常の巻き髪風よりスライスは薄く、
        オーバーセクションはあえてかなりアップステムで巻いて毛が遊ぶよう  に。

      6) オーディス2 60度5分ー80度10分ー60度5分

      7) リボルバーセカンド塗布後15分放置

      8) システアミンの脱臭にヘマチン系塗布して流して終了☆



      コツはワインディングです。
      ウェーブを束にしないように工夫すると巻き髪から脱却できると
      思います。

      薬と頭は使いようです。

      処理と薬ばっかに頼らないで頭使っていこうと最近は足りない知恵を絞ってます(笑


      エアーウェーブがショートにもいけますってうたってますよね?
      デジは高温だから根元まで巻き込むケースは厳しいって。。。

      50度程度なら少しガードすれば熱くないんだけど、その温度だと
      ウェーブイマイチじゃないですか?

      これ解消したんです最近。

      低温デジパー(50〜60度 オーディス2の場合)でキレイにカールを
      出す方法!!!

      かなり簡単ですけど教えません(爆
      また次回にでも発表します(笑
      category:実験・実践コーナー | by:しゃんてcomments(4) | - | -

      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM