毛髪処理剤「ちぇ☆ケラ」モデルチェンジのお知らせ

2013.01.25 Friday 10:53
0
     こんにちは。 いつもブログ読んでくださってありがとうございます。


    今日はリボルバーの話ではなく、処理剤ちぇケラのモデルチェンジのお知らせです。



    ちぇ☆ケラが発売されて5 年が経過しました。

    「パーマの邪魔(減力)を極力させずに弾力のあるカール形成ができる処理剤」

    「尿素などを配合する事により、カラーの前処理に等にも使えるなど汎用性の高い処理剤」

    というコンセプトの下開発したちぇ☆ケラですが、あれから5 年。



    当時に比べるとデジタルパーマをはじめとした熱を利用するパーマの需要も増え、


    私自身サロンワークにおいてホット系パーマの中間処理により有効な


    処理剤の必要性を感じる様になりました。




    そこで、混合や前処理での使用を主として開発したちぇ☆ケラを、


    中間処理や熱処理に対しても有効な処理剤へと進化させるべく、

    昨年からずっとテストを重ねていき、


    このたびモデルチェンジさせて頂く事となりました。






    大きな変更点は熱処理対応の処理剤になる点です。


    ・毛髪のハリ・コシ・艶をUP させるエイジングケア素材ナノリペアEL を配合。

    エルカラクトン+植物ステロールなどをナノカプセル化した原料で毛髪への浸透性に優れ、

    ドライヤーやアイロンの熱によって毛髪成分と反応・結合することで質感の持続性があります。



    ・アルキルカチオン化ケラチン+シルク配合。

    毛髪へ吸着しやすいケラチンとシルクを配合しています。


    これにより、前処理ではケラチンやシルクの反応がメインに、

    中間処理などの熱処理前に使用することでエルカラクトンの効果が出る様にしました。

    従来のちぇ☆ケラと比較すると大幅な処方変更となりましたが


    よりパーマに特化し、かつ幅広い対応が可能な薬剤に進化していると思いますので、

    御理解の程を宜しくお願い致します。



    使い方は基本的には従来通り原液仕様〜3倍希釈くらいをメインに

    前処理・中間処理にお使いいただけます。


    僕は原液でフォームポンプ(泡)に入れて使っています。(希釈はしていません)


    ※注意

    旧ちぇケラの処方ですと、尿素など配合していたことにより、グレイカラーの白髪の浮き

    対策などにも使えていたのですが、今回のちぇケラの処方ですとそれが期待できなく

    なりますのでご理解よろしくおねがいします。


    ご使用方法

    ・前処理としてそのままパーマやカラー前に塗布

    ・従来どおりACとのミックス使用で前処理に

    ・デジタルパーマ・クリープパーマなど熱を利用する際の中間処理に



    販売開始は2月21日となっております!




    新「ちぇ☆ケラ」をどうぞよろしくおねがいします☆




    リスペクツ 開発ディレクター戸石 正博




    お知らせ

    旧パーマコンプリートが「SPA」シャンティパーマアカデミーとして

    5回コースでリニューアルしました。

    ブログではリスペクツ商品を軸にお話させてもらっていますが、

    講習では「どのメーカーさんのお薬でも対応可能な基礎知識」

    を学んでいただけます。

    知識ばかりではなく、基本的な技術やパーマ全般の考え方を

    実技を通して学んで頂きます。


    受講生の声で一番多い声が

    「パーマが怖くなくなって楽しくなった」

    これが一番多くいただく声です。


    一見マニアックですが中身はシンプルですので

    女性の方も多く参加されていますので

    「パーマ脳を鍛える」SPAの方もよろしくおねがいいたします。

    https://www.facebook.com/events/370923013004235/

    お申込みはFBページにてコメントいただくか、リスペクツまでご連絡ください。

    category:リスペクツ新製品情報 | by:しゃんてcomments(0) | - | -

    ◎うるプルん♪新発売◎ 

    2011.02.03 Thursday 17:52
    0
       今回はワンダーシリーズで好評のオレンジコスメさんから
      あたらしく発売した【髪が潤ってプルンプルンになる】処理剤のご紹介です



      乾燥した髪にはにオイルってのがま〜従来の処理のパターンでしたね。


      でもそれだとしっとり重くなる感じで【スタイルによって】使ったり
      使えなかったり僕はしていました


      コラーゲンやヒアルロン酸などもなんか言うほど効いてる?のか
      よくわからないので使ってませんでしたし。。。



      それと、しっとりやハリコシや潤いって言葉のイメージの処理剤は
      結構今までもあったと思うんですが今回はちょっとそれらとは違う
      感じをサンプルテスト段階でぼくは感じていました。



      今回、髪に何がおこるのか?というとイメージは【潤ってプルん♪】です


      なんかぷりんぷりんになるんです。


      成分はオイルとかじゃなく海草抽出成分とジェミニ型両親媒性成分
      です。

      オイルは使っていません。



      保湿っちゃ保湿なんですが保湿というカテゴリーよりは【プルン】カテゴリー
      だと思います(笑)



      うるプルん♪


      これが一番しっくりくるこの処理剤をあらわす言葉ですかね。。。




      処理剤なので使い方もいろいろ。



      いろいろですがそれはパンフレットに書いてありますので
      参照くださいw




      ※注意

      【プルんとした質感が嫌いな方・そんな手触りはいらない方はご使用しないでください】




      テスターを使った方々の声


      ●カチオン性のものと反応して複合体ができるから従来のものよりも
       髪に残りやすく手触りの違いがわかりやすかった【35歳 男性】



      ●オイルフリーだから純粋に潤いのあるプルとした手触りになった
       【三鷹で美容室経営 男性】


      ●普通にシャンプーしてトリートメントする前にちょっと塗布して
       トリートメントしただけでも違いがわかった。ちょっと高級なトリートメント
       になった感じ? 【ハンドルネーム しゃんて】


      ●これを使った後に何を使うかでいろいろ使い方が膨らむ商品だと思う
       【T・Mさん】










      とま〜全部僕の意見なんですけどね(爆)




      そんな感じで僕も個人的に気に入っているオレンジコスメさんの
      【うるプルン♪】ぜひ一度お試しください★






      リスペクツでは本日夕方くらいからショッピングカートにのるそうです。
      http://www.re-spects.co.jp/


      夕方までしばらくお待ちください。






      ※注意
      商品名は【うるプルん♪】ではございません
      お間違いのないようにお気をつけ下さい





      【インフィル】って名前です


      ではではリスペクツからのお知らせでしたm(。。)m








      category:リスペクツ新製品情報 | by:しゃんてcomments(0) | - | -

      エルマン低アルカリ高還元カーリング剤『リップル』

      2010.10.30 Saturday 10:56
      0



        いつもお世話になっているエルマン薬粧さんから新しいカーリング剤リップルが発売になりました。


        このリップル従来の薬と何が違うのか?

        少し前からのカーリング剤への還元剤の濃度などに対する規制緩和の流れから
        今までは医薬部外品として販売されていたようなしっかりとかかるカーリング剤が
        各メーカーから発売されています。

        たいていはリボルバーシリーズのようなチオ+システアミンで毛髪の親水性部・疎水性部
        をWで還元するって流れですよね。

        今回のリップルは通常あるような還元剤はチオグリコール酸でpHは9.0と8.5という
        いたって普通の薬(笑)


        いたって普通の薬をカーリング剤で出す意味って???
        って思いますよね?


        じゃ〜何が従来と違うのかと言うとアルカリ度です。


        アルカリ度とpHの関係ってむずかしいですよね。


        ざっくり言うと「同じpHで考えたときにアルカリ度の高いものの方がより膨潤する」って
        考えています。

        膨潤とは水をふくんで膨らんでいる状態です。

        膨らみがおおきいと水洗時に毛髪の間充物質も抜けやすくなりダメージしやすいです。

        またアルカリ度が高いということはこれを中和するために必要な酸度が同じような
        酸度のものを使わないと中和されないってことにもなります。

        アルカリ度とはこれを中和するために必要な酸度と言うわけです。

        アルカリ度が低ければそれだけ必要な酸度も低くなりますから
        BF剤などで中和されやすくなり、酸化の効率もよくなり、CMCやたんぱく流出も
        最低限におさえられるってことなんですね。


        なのでリップルは健康毛〜ダメージレベル1くらいまでをpH9.0
        通常の薬ではアルカリ度は4程度あるものですがリップルは1.7くらいまで落として
        います。

        またダメージレベル2〜3用のpH8.5はアルカリ度0.7%と相当低いアルカリ度に
        なっているんですね。


        それだけに毛髪のダメージを極力おさえながらチオでかけられるという
        今までに無い薬になっています。


        リスペクツでも取り扱い中ですので毛髪に残る残臭など気になる方は
        是非お試しください。


        ただ、とってもシンプルなつくりですのですごい艶艶サラサラになるような
        薬とは違います。

        あくまで毛髪ダメージを最低限におさえる薬になっていますので
        ダメージをしっかり見極めて使ってみてくださいね^^


        リボルバーやワンダーとはちょっと違ったライトは質感になるとおもいます^^

         
        category:リスペクツ新製品情報 | by:しゃんてcomments(0) | - | -

        Calender
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM