サロンワークにおける`俺流`コントロール(11)〜パーマのむずかしさ 

2013.02.10 Sunday 11:45
0
     こんにちは!


    さてさて、 薬の話が一段落ついたところで、ちょっと方向性を変えてみようと

    思います。



    皆さんはパーマって何がむずかしいって感じていますか?


    僕は、、、


    .悒▲タなどのスタイルから逆算していく事がむずかしい

    ▲瀬瓠璽犬琉曚覆詒韻両態に合わせていく事がむずかしい

    お客様のご自宅での再現性を高める事がむずかしい

    ぅット・カラーと連動して提案していく事がむずかしい

    ト容師側のパーマの形のイメージとお客様のイメージとのギャップを埋めるのがむずかしい

    似あわせや流行を取り入れる事がむずかしい



    ようするに「どこで間違ったのかが明確になりにくい」って事だと考えます。

    「こんな風にしたい」

    とイメージしたところから、


    パーマで曲がったり縮んだりする事を計算してカットをする

    根本・中間・毛先でダメージの異なる髪に薬をあわせる

    仕上がりのイメージをしながらロッドの大きさを計算する

    お客様が再現できるようにスタイリングのアドバイスをする


    こうして、やってきたのに、、、


    「すぐとれてしまった」

    「サロンでやったように出来ない」

    「傷んだ」

    「自分には似合っていなかった」

    「イメージと違った」



    などなど言われてしまうと


    カットならカットで成立するのに。。。

    カラーならカラーの色である程度成立するのに。。。


    パーマだけはどこかが食い違うと全く別物になってしまう。。。



    もちろんカットもカラーも深く考えると絶対にむずかしいものです。

    パーマだけがとは言えないんですが、様々な連動性を考えたり、

    案外矯正かけてるような厳しい状態のお客様がパーマを求める事が

    多く、リスクも大きいんですよね。

    フォーカスされるポイントが多いってのが問題です。


    そして、曲げるという大きく形状を変化させてしまう技術だということ。



    ここのところよく考えている事があります。それは、



    形状の変化は印象を変える。



    ナチュラルな雰囲気だった方をフェミニンにとかはいいけど、


    クールっぽいイメージで考えたのになんか柔らかい感じに、、


    エレガントにしようとしてかかりすぎてミュージシャンみたいになっちゃったり、


    硬い毛質を柔らかく見せようとしてカツラみたいになっちゃったり。。。汗





    実際に本当にパーマが怖いのって傷んでしまったりすることじゃなく、


    計算が外れて印象が違う方向に変わってしまう事だったりする。




    プラスの変化とマイナスの変化がある。




    でも、、、



    ちまたでは、


    「◯◯パーマで傷まない」


    「縮毛矯正毛にもかかります」


    「◯◯ウェーブで再現性ばっちり」


    「アクアパーフェクトスーパートリートメント形状記憶ウルトラカール」 爆


    とかね、、、



    なんか、、、



    傷まないにフォーカスしすぎw



    逆に、スタイル提案と作るイメージが良かったら、


    そのお客様は傷んだから切ろうって美容師が言えば言う事聞いてくれると思う。




    ダメージケアもそこをメインにやってほしいお客様もいれば

    デザインメインにやってほしいお客様もいる



    「パーマは印象を変える」




    ダメージのリスクより印象のリスクが大きいのかなって


    最近思うようになりました。




    でね、3月にメイクスクールに行くことにしました 爆




    パーマとメイク???



    フレームである髪を考える時に「顔」ってはずせないかなって。




    かといってメイクをパーマの人にやるって話じゃないですよw





    形の印象を理解して「パーマ」ってスタイルを


    かかった・かからなかったじゃなく、


    フィットするように考えられんじゃないか?って事ですね。



    パーマの問題点の中での

    ・似合わなかった(印象のリスク)

    ・傷んでたりしてうまくかからなかった(ダメージコントロール)

    ・すぐとれてしまった、うまくできなかった(再現性)



    このあたりが解消できると「パーマが美容師もお客様も好きになる」かもしれませんね^^



    こういったことに付随してくるのが技術ですよね^^


    では!




    お知らせ


    カットを学びたいって考えている方

    ちょっとこのブログ読んでみてください^^

    気づきがたくさんあると思います。

    カットスクールg・D・Cを主催する吉田さんの
    Hair Cut 右手の法則 【g.D.C】


    それともっとパーマの事知りたいという方

    僕が主催するS・P・Aで一緒に学びませんか?

    4月から5回コースで開校します


    詳細はFacebookページにて
    https://www.facebook.com/events/370923013004235/



    category:戸石のパーマな話 | by:しゃんてcomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM