リボルバーハードタイプ

2007.03.09 Friday 23:34
0
    リボのは話はちょっとお休みしてリボルバーの次回作の話をします。


    リボルバーを使っているサロンさんや僕の友人たちへのサンプル出しが
    終了してちょっと一息ついてます(^^;



    チオとシステアミンの2商品の発売になります。



    チオはアルカリタイプです。

    アルカリ剤として塩基性のアミノ酸アルギニンを使用しました。

    チオだけでは質感に硬さがでてしまう為、サルファイト(亜硫酸塩)を
    入れてます。

    これだけで柔らかさは出るんだけど。。。

    処方に秘密があります。


    保湿為のセラミドです。

    今回はこのセラミドにこだわりまくりましたびっくり


    セラミドって髪には必須な成分です。コルテックスをつなぎとめる
    CMC層の4分の1はセラミドです。

    水に馴染みやすい親水性の部分と油に馴染みやすい疎水性の部分の両方を持ち、水分保持や髪の柔らかさをになっています。パーマ液の通り道といわれていますね。


    お肌にも必要ですよね。
    アトピーの人ってこのセラミドが著しく少ないんです。
    乾燥している皮膚ってこのセラミドの減少が原因でもあります。

    ただセラミドを入れるだけでは保湿効果を高める事はむずかしいんです。

    なので、ここにコレステロールや脂肪酸などと混合してセラミドの
    パワーアップをしているんです。
    さらに、ラフィノースという糖類。

    このラフィノースという糖はセラミド・コレステロール・脂肪酸など
    で作られたラメラ液晶構造をさらにパワーアップするんです。

    それだけではなくて、湿気に強い成分でもあります。

    内側に取り込んだ水分を逃さないようにセラミドで水分保持機能を
    アップされつつ、外からくる湿気に対してはラフィノースがガードするので
    再現性の高いウェーブが得られるのです。

    これからの梅雨時期には得に必要な成分なんですねラフィノースって。

    臓器移植のための搬送にこの湿気に強いラフィノースは使われているんですよ。

    乾燥させれのでは無くて、外からくる水分を取り入れないのが
    ラフィノースなんですね。

    それと、酸性アミノ酸を多く含む大豆タンパクを使用しています。

    これも、すごく質感に関与しています。

    チオ=硬くてごわついたイメージかと思いますが、
    サルファイト・セラミド、そしてこの大豆PPTでしっとりプルッとした
    チオが完成したのです。


    今ってシャギーですかすかの毛先が多い中で、重さをコントロールできる
    パーマ液って欲しいなって思って作りました。



    シスアミのほうは、カーリング剤=軽い質感っていうのがいやで
    こちらも重めにつくりました(笑


    カーリング剤って基本ダメージヘアに使うんで、ダメージヘアって
    乾燥の原因はアルカリ膨潤などによるCMCの流出です。

    なので、内部浸透するセラミドをしようしています。

    ナノセラミドです。

    保湿機能はそのままに内部から潤う髪を作ります。

    それと、ちょっと特殊なケラチンPPTを配合しました。

    アルキルカチオン化ケラチンです。

    このアルキルとは油性成分をくっつけたケラチンです。
    カチオン化されているのでダメージ部分にも吸着しやすい特徴をもちます。

    低分子の状態で内部に浸透して時間の経過とともにゆっくり重合して
    内部から流出しにくくなるケラチンなのと、ツヤとしっとり感が抜群の
    ケラチンなんですね。

    このケラチンとセラミドでシステアミンとは思えないしっとりツルット
    した質感に調整してあるんです。



    一般のセラミド系処理剤ってたいていシリコン系などや擬似セラミドが
    多いんです。なので処理するとたいていはかかりが悪くなったり
    しちゃいますが、薬に入れ込んでいるんでかるくPPT処理するだけで
    重さがでるような作りになってます!




    自己責任でお願いしますが、ミックスするとまた違う雰囲気になって
    面白いんです。



    自分の欲しいパワーに調節できる薬剤なんですね。


    チオとシスアミの混合

    シスアミとスピエラ(リボルバー)との混合


    単純にパワーを落としたい場合はリボの1B(溶剤)で希釈して
    薄める事もできるんです!

    使いこなせば混合と単品使いで何通りもの薬が自分で作れちゃうんですね。



    薬って言われたままに使っていませんか???



    だから隣のサロンが同じ薬仕入れたら似たような質感になっちゃいますね?


    でも、リボルバーシリーズは使えば使うほど、スタイリストの
    理解が深まれば深まるほど、自分なりのブレンドでほしい質感と
    欲しいウェーブによって自分で調合可能なんです。


    自己責任ですが(爆




    カラーの時代にあって、僕はあえてパーマを押したい。



    ウェーブって女性が女性らしくなるじゃないですか?



    だから使う美容師がパーマが楽しくなるようなそんなウェーブのシステム
    があればもっとパーマが増えるんじゃないかなって思うんです。



    単価アップの為や売り上げアップの為にアプローチするんじゃなくて、
    ホントはスタイルチェンジしたいけどパーマって恐いと思ってる
    お客様に対して自身を持ってすすめられて、かつ使う美容師も
    楽しめるウェーブ用剤。


    僕はやるからには絶対楽しくしたい。

    楽しいって事は仕上がりが良いってこと。

    仕上がりが良いって事はお客様も喜ぶ。


    みんな笑顔になりますときめき



    皆が同じじゃつまらないですよね?


    同じサロンの隣で仕事している同僚より良い仕上がりにしたいですよね?


    髪を知ってダメージを知って薬を知って。。。


    いろんな可能性があるのがこのリボルバーシステムです。




    全てはお客様のキレイのために(^^)


    発売は来月中旬です。
    リスペクツHP上でも告知しますし、予約も受付中です☆

    お楽しみに!!
    category:リボルバー | by:しゃんてcomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM