シャンディーネ新発売☆

2007.08.08 Wednesday 21:38
0
    とうとう発売されましたリスペクツ新商品。


    その名も「シャンディーネ」(苦笑)


    水の妖精ウンディーネと、僕のmixiのハンドルネームのシャンテを
    あわせた酒の妖精「シャンディーネ」らしいです(爆)


    自分の名前ついた商品が「水」になるなんてなんともいいがたい
    不思議な感じです(笑


    美容の業界でもいろいろな水が販売されていますよね。


    お薬を割って使ったり、カラーに混ぜたりといろいろ使い方があって
    ロハスだとか、環境保護の為とか大義名分をつらつらと並べられた
    水が販売されています。



    これらの水に対して、普通に使って良いと思っている人ならば
    問題ないので愛用すれば良いと思います。


    ただこういった水が特別な力があると言って法外な値段で売られていることに対しては疑問を抱かずにはいられません。


    ■解毒作用がある・汚染された水をキレイにする
    ■環境の為に良い
    ■髪が傷まないばかりか再生してくる
    ■髪質が改善される(クセが治る)
    ■カラーに混ぜるとかぶれなくなる



    などなどなど。


    実際のところどうなんだろうって思うのです。
    モノによっては不思議な水をつけて200度にもなる高温のアイロンを
    あてておいて髪が再生するなんて言っちゃうところもあります。


    そんな不思議な水でカラーをされたお客様が先日来店されましたが
    酷い状態でした。
    水つけただけで、ブリーチ毛に200度にもなるアイロンあてて、
    髪はごわごわ硬くなってました。

    クセがある人でその水で治ってきたなんていう人もいるらしいですが、
    毎日200度のアイロンを自宅でもやり続ければタンパク変性で
    クセが治ったように感じるのは少し知識があれば誰でもわかるような
    子供だましな事。


    余談でしたけど、髪はタンパク質で出来ているわけですから、水でどうこうなるものではないし、髪は生まれるまでは細胞分裂を繰り返していますが
    生えてきた髪はもう活動を停止したいわば死んだ細胞なわけです。

    よみがえるわけでもなく、欠損している箇所を一時的に補修してあげる
    くらいが限界なのですね。



    お水だけでは効果が無いのがわかりきっているから、変な理屈をこねはじめます。
    まだ髪は解明されてないことが多い。その科学では解明できなかったことを
    水を使って実践している。なんて言って水を売っていますね。


    でも、普通の毛髪科学の質問をそんな人に質問すると普通の毛髪科学の知識何にも無い人とかっているんです(汗


    一般的な最新の毛髪科学の情報すら知らない今の科学の力を知りもしない
    知識の無い人が言う「わかってないことが多い」という言葉の信憑性の無さといったらこの上ないですよね。


    で、うけとるこちら側もあいまいな知識だからまるめこまれてしまう
    のです。


    今回はそんな「水」の世界に片足突っ込んでみたくなって
    実際に作ってみようって事になったんです。




    ただ作るだけじゃつまらないから、販売して皆にも見てもらおうって
    事で100本限りの限定商品としての発売となりました。



    最初は水選びからだったんですけど、特殊な水を使うことにしました。

    で、その特殊な水を精製水と比べてみることからはじめ、

    実際に髪に塗布してみたりしました。

    ま〜わかりきったことですけど、変化はほとんど無いですよね(笑


    んじゃ騙して使ってもらうのも何だし少しいじろうかって事になって、
    今度はいろいろ添加してみたんですね。pptなんかを。



    そしたら。。。。



    ただの処理剤になっちゃいました(爆


    水じゃね〜よこれじゃ(^^;


    って事で、今度は添加剤を少なくしてみたりと試行錯誤を繰り返し、

    pHの高めの水の方が使いやすいんじゃないかとか、若干の感触をあげる
    モノにしようとかって足したり引いたりして、やっと今回のシャンディーネの形になったんですね。


    いろいろ使ってはみたものの、髪が治ることもなく、ただ水で薄めた分だけ
    髪に負担がかからなくなったという当たり前の結果だけが残ったのですが、
    やはり美容師は正確な知識を持ち、診断し、的確にお薬をコントロールし、
    必要な処置を施すこと。


    これが遠回りでもあっても一番の近道なんだろうなって思いました。




    シャンディーネの特徴として。

    ■アルギニンでpH8に調整しています
    ■擬似セラミド成分・カチオン化セルロース配合で補修効果
    ■浸透性の良いクラスターの小さいお水をしようしています
    ■防腐剤が入っているのでPPTなどを希釈しても腐りにくいです。


    いちよ、価格に応じた内容にしているのでただの水よりも良いことは
    確かです。

    ただ、ウソ偽りは言いたくないので普通の売り方しかしないですけど(笑



    これを機会にいろいろ水のお勉強が出来たので楽しかったです。

    いろんな使い方がある水だと思うので、限定ですのでお早めにお買い求め
    ください(笑




    さ〜って、実は「油」の処方もやっと決定しました。
    来月には発売できるかと思います。

    こちらはレギュラーに加わりますのでこちらもお楽しみに!!



    で、次はリボリニューアルに全部の力を向けていきます☆
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM