雑感

2009.08.26 Wednesday 16:55
0
    こんにちは^^


    最近美容雑誌とかでよく見られる言葉で「低還元」とか
    「高還元」とかって言葉ありますよね。



    ぼくは性格が捻じ曲がっているせいか、こうゆう言葉を聞くと
    「何が基準で低とか高なの?」って思ってしまいます。


    たとえば、pHが高い強いと言われるチオの薬が「高還元」、
    pH高いけどシスが混ざっていてチオシスのようなものを「中還元」
    、カーリング剤に代表されるようなシステアミンの薬を「低還元」
    と言ったりするような雑誌も目にします。



    弱い薬を使うと低還元なんでしょうか?


    また、時間の概念を用いて表す場合もあります。

    普通はAという薬を使って15分おくところを、
    クリープを使う場合は7分でいいから還元が少ないから
    低還元という場合です。


    還元の見極めってむずかしいとは思うのですが、昨今クリープパーマが
    ブームの時代ですから少し整理したいところですよね。


    あとよくあるのが7割軟化とか7割還元って言葉。


    7割って?逆にその発想むずかしいよみたいな^^;


    僕も営業していて思うんですけどね。

    はっきり言って、毛質によっては普通の還元の見極めすらむずかしい状態だってあるのに、その中でさらに7割ってどんなん?
    って思ってしまうのです。



    なので、僕がここではっきり言いましょう。


    還元の見極めに定義はつけられない。


    話終わっちゃうじゃないっすかと思った方は正解(笑)


    還元の見極めは経験測からくる勘なんだと思うのです。


    勘なのにそこから7割ってむずかしい話なんですね。



    そもそも10割すら間違ってるかもしれないんですよ。
    そこから7だとか6割だとかは見極められない。



    10回やれば10回分の経験値がたまって、
    20回やれば10回で見えなかったものが補足されて、
    30回やったら慣れて少しはずしたりしはじめて(笑
    40回やったらはずした理由がわかって。。


    つべこべ考えないでやってみるってことで良いんだと思うんです。
    ぼくがよく講習でクリープを利用するときに話すのが「コールドのOK
    よりちょい手前です」って感じです。
    ちょい手前です(笑)

    で、ちょい手前で失敗したらもうちょい手前にすりゃいいじゃないですか。

    そんなに最初からうまくいくはずないんですし。



    が、何も考えずにやみくもに進んでも今日はなんとなくうまくいったけど、
    明日に不安が残りますね。


    じゃ〜リスペクツ流というか僕なりの解釈で還元についてお話していこうと
    思います。


    まずはじめに。

    パーマはカットありきです。


    ケミカル的なこと云々で重いカットにくっきりウェーブはつきにくい。
    やはりカットをコントロールすることでパーマのほとんどの失敗は
    解消されるはずなんですね。


    それと、還元の見極めはかかりやすい人、かかりにくい人でも
    変化します。

    だれでもかんでも5分とか3分でクリープ使えばきれいにかかるわけじゃない。

    デザインと毛質に適した時間であれば無理やり時間を短くすれば
    良いってものではないんですね。

    そのお客様お客様に対して適性な時間があって、Aさんはコールドで12分
    かかるからサーモウェーブでクリープ使うからちょい手前をイメージして
    7分にしてみようとか、Bさんはコールドで7分でOKだから思い切って
    3分に縮めてクリープでやってみようとか。


    ぼくの考える低還元ってそうゆうことなんですね。

    対象となるお客様の毛質や求めるスタイル(ハードなパーマのほうが
    やはりソフトなものより還元しないといけないですよね)によって、
    適正が変化して、それと適正還元としてそれに対してやや手前の還元でとどめておいてクリープをしていくといった考えです。


    時間が短いという1点だけで見てはスタイルに支障をきたす場合も
    あります。
    時間短くてダメージ軽減できてるからかけなおしでも安心とかって
    無いですよね(笑)
    求めるカールに対して極力時間を削っていくというのが正しいように
    思います。



    低還元を考えていく場合に薬の強さと時間の両方で考えてみると
    薬を弱くして時間は同じにして低還元もありだと思うし、同じ薬で時間を
    半分にすることも低還元だといえますよね。



    まずはしっかり自分の基準をもって、それに対して時間や薬の強さの
    コントロールをして「ちょっと手前」という言葉の低還元を
    考えてみてください。


    でも時間と薬の強さだけじゃ全然パーマの還元はマスターできません(笑)



    もっと、低還元とか高還元の言葉の意味合いについて深く考えていきましょう。



    そう。。。よりディープに深く深く(笑)。。。





    というわけで次回に続きます^^
    category:ケミカル的なコラム | by:しゃんてcomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM